機密データとは?

データ・ディスカバリーと分類
最近の調査によると、データを保護する際に企業が直面する最大の課題は「機密データが存在する場所を発見すること」です。 非構造化データの急速な増加とリモートワークへの移行により、今日の「機密性の高いデータ」、明日の「機密性の高いデータ」を仕分けて特定することは残念ながら不可能と言えるでしょう。

SecureAgeはすべてのデータが重要であり、データ保護は100%または0%のいずれかであると考えています。当社のセキュリティソリューションは、 ユーザーに無意味なチェックや制限を課してデータを遠ざけるのではなく、人的要素を取り除く事で100%のデータセキュリティが可能となるように設計されています。 ですから、私たちはいつでも、どこでも、どんな場所のデータであってもデータを保護できるのです。

では、それがどのような仕組みかをご覧ください。

サイバーセキュリティは複雑?
いいえ、そうであってはいけません、

データはすべてのビジネスの要です。残念ながら、コンピューティングの初期の失敗により、サイバーセキュリティは複雑な混乱の網に変化しました。 そのため、セキュリティ哲学は最初から再構築されています。

SecureAgeテクノロジーは、人的エラーを排除し、コストのかかるサイバーセキュリティトレーニングを削減し、時代遅れな境界による制限を克服します。 SecureAgeアプローチは、実績のあるテクノロジーによる長年のプロアクティブな保護に基づいて構築されており、複雑な組織の課題に対してシンプルなソリューションを提供します。 データそのものに見えないセキュリティを持たせること。セキュリティソリューションとは、本来こうあるべきだったのではないでしょうか。
サイバーセキュリティは複雑そうに聞こえますが、そうであってはいけません

あらゆる業界にフィットするSecureAge製品

金融業界

深刻なギャップの存在

現代の銀行強盗とはデータの盗難であり、想像以上の頻度で起きています。 組織の進化により複雑なITパッチワークが作成されたため、金融セクターの複雑なインフラストラクチャの管理はモグラたたき的アプローチで行われ、そこには深刻なギャップ(隙間)が生じています。SecureAgeは、そのギャップを埋める方法をお手伝いいたします。

教育業界

リアクティブからプロアクティブへ

教育セクターは個人データのるつぼであり、既存のファイアウォールとウイルス対策ソリューションだけは全く不十分と言えます。 多くの学生が多くのデバイスを多くの場所で使用する現在、使いやすさがこれまで以上に重要になっています。SecureAgeは、その状況を改善する方法を提供いたします。

政府関係機関

複雑をシンプルに

多くの政府関係機関はデータ保護を複雑に絡み合った網と考ているのか、依然として効果がないにもかかわらず、コストと時間がかかるソリューションに依存しているようです。 しかし今後予想されるデータ量の膨大な増加と、国家間におけるサイバー競争の激化を考えると、決して間違いがあってはなりません。SecureAgeが18年間データ侵害0を守ってきたソリューションはとてもシンプルです。是非デモを依頼してご体感ください。
wave wave wave

データに内在する見えないデータセキュリティ
是非ご体験ください

We use cookies to improve your experience, for analytics and marketing. By continuing to browse our website, we assume you’re ok with this. To find out more about our use of cookies, please see our Cookie Policy.