機密データとは?

データ・ディスカバリーと分類
最近の調査によると、データを保護する際に企業が直面する最大の課題は「機密データが存在する場所を発見すること」です。 非構造化データの急速な増加とリモートワークへの移行により、今日の「機密性の高いデータ」、明日の「機密性の高いデータ」を仕分けて特定することは残念ながら不可能と言えるでしょう。

SecureAgeはすべてのデータが重要であり、データ保護は100%または0%のいずれかであると考えています。当社のセキュリティソリューションは、 ユーザーに無意味なチェックや制限を課してデータを遠ざけるのではなく、人的要素を取り除く事で100%のデータセキュリティが可能となるように設計されています。 ですから、私たちはいつでも、どこでも、どんな場所のデータであってもデータを保護できるのです。

では、それがどのような仕組みかをご覧ください。

サイバーセキュリティは複雑?
いいえ、そうであってはいけません、

データはすべてのビジネスの要です。残念ながら、コンピューティングの初期の失敗により、サイバーセキュリティは複雑な混乱の網に変化しました。 そのため、セキュリティ哲学は最初から再構築されています。

SecureAgeテクノロジーは、人的エラーを排除し、コストのかかるサイバーセキュリティトレーニングを削減し、時代遅れな境界による制限を克服します。 SecureAgeアプローチは、実績のあるテクノロジーによる長年のプロアクティブな保護に基づいて構築されており、複雑な組織の課題に対してシンプルなソリューションを提供します。 データそのものに見えないセキュリティを持たせること。セキュリティソリューションとは、本来こうあるべきだったのではないでしょうか。
サイバーセキュリティは複雑そうに聞こえますが、そうであってはいけません

セキュアエイジは下記法規制に準拠しています(コンプライアンス適合)

セキュアエイジテクノロジー社は、19年にわたり、お客様の大切なデータを守り続けてきました。他のデータセキュリティソリューションと異なる点は、移動中、使用中、保管中にかかわらず、あらゆる種類のデータを保護できる点です。

その結果、セキュアエイジがサポートしている組織は、一度もデータ侵害を経験していません。当社のセキュリティソリューションは、常に進化するセキュリティ認証を満たし、Common CriteriaFIPSISO 27001、GDPR、HIPAA、PCI-DSSなどの世界的なコンプライアンス標準に適合しています。
wave wave wave

データに内在する見えないデータセキュリティ
是非ご体験ください

当サイトでは、お客様により最適なサービスを提供するため、クッキーを利用しております。当社のサイトをご利用いただく場合は、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。当社のクッキーポリシーについては、こちらをご確認ください。