脅威の検出、制御、洞察の最適な組み合わせ

脅威の検出、制御、洞察の最適な組み合わせ

SecureAPlusは、アプリケーションを安全に保ちます。 インテリジェントなAIエンジンを搭載して複数の防御レイヤーを提供し、一元化されたダッシュボードで管理できます。 さまざまなクラウドアンチウイルススキャナーを組み合わせて使用し、既存のシステムや従業員のプロセスに干渉することなく、組織規模の大小を問わず保護します。

AIを活用したエンドポイントアプリケーション制御

  • 100%の脅威からの保護
    100%の脅威からの保護}
    100%の脅威からの保護
    SecureAPlusは、ブロックファーストおよびデフォルト設定で拒否となっているアプローチを使用して、99%の検出率(市場で最高のマルウェア検出率)を超えるセキュリティ脅威を検出します。 従来のソフトウェアソリューションによるアプローチは、削除や検疫など脅威に包括的なルールを適用するため、時に予測できない危険な結果をもたらすことがあります。
  • ファイルレス攻撃からの防御
    ファイルレス攻撃からの防御}
    ファイルレス攻撃からの防御
    SecureAPlusは学習機能を使用して、ファイルレス攻撃を含む高度な持続的脅威を克服します。 通常は検出できない、目に見えない疑わしい変異マルウェアの亜種を防ぐことができます。
  • 直感的な許可リストと拒否リスト
    直感的な許可リストと拒否リスト}
    直感的な許可リストと拒否リスト
    AIを利用したアプリケーション制御により、ユニバーサルと個別の許可リストの両方を使用して、従来のウイルス検出率を超えることが可能です。 これは、マルウェアを含む可能性のあるリムーバブルデバイスストレージを使用する場合にも有効です。
  • 信頼性の高いマルウェア対策
    信頼性の高いマルウェア対策}
    信頼性の高いマルウェア対策
    SecureAPlusは、AIを利用したエンジンを複数のクラウドエンジンと組み合わせて使用することで、既知と未知の両方のマルウェアの脅威を検出できます。
  • 実用的な情報提供
    実用的な情報提供}
    実用的な情報提供
    SecureAPlusは、AI、オンラインAVプラットフォーム、および集中管理サーバーと連携して複数のクラウドエンジンを使用することにより、管理コントロールに必要なすべての洞察を提供し、検疫、削除、ブロック、または信頼するための推奨アクションを提供します。
  • 脆弱性評価
    脆弱性評価}
    脆弱性評価
    セキュリティ管理サーバー(SMS)は、脆弱なアプリケーションを検出したエンドポイントの数に基づいて、組織が直面している脆弱性の範囲を判断し、推奨される解決策とリソースを提供します。
100%の脅威からの保護}
100%の脅威からの保護
SecureAPlusは、ブロックファーストおよびデフォルト設定で拒否となっているアプローチを使用して、99%の検出率(市場で最高のマルウェア検出率)を超えるセキュリティ脅威を検出します。 従来のソフトウェアソリューションによるアプローチは、削除や検疫など脅威に包括的なルールを適用するため、時に予測できない危険な結果をもたらすことがあります。
ファイルレス攻撃からの防御}
ファイルレス攻撃からの防御
SecureAPlusは学習機能を使用して、ファイルレス攻撃を含む高度な持続的脅威を克服します。 通常は検出できない、目に見えない疑わしい変異マルウェアの亜種を防ぐことができます。
直感的な許可リストと拒否リスト}
直感的な許可リストと拒否リスト
AIを利用したアプリケーション制御により、ユニバーサルと個別の許可リストの両方を使用して、従来のウイルス検出率を超えることが可能です。 これは、マルウェアを含む可能性のあるリムーバブルデバイスストレージを使用する場合にも有効です。
信頼性の高いマルウェア対策}
信頼性の高いマルウェア対策
SecureAPlusは、AIを利用したエンジンを複数のクラウドエンジンと組み合わせて使用することで、既知と未知の両方のマルウェアの脅威を検出できます。
実用的な情報提供}
実用的な情報提供
SecureAPlusは、AI、オンラインAVプラットフォーム、および集中管理サーバーと連携して複数のクラウドエンジンを使用することにより、管理コントロールに必要なすべての洞察を提供し、検疫、削除、ブロック、または信頼するための推奨アクションを提供します。
脆弱性評価}
脆弱性評価
セキュリティ管理サーバー(SMS)は、脆弱なアプリケーションを検出したエンドポイントの数に基づいて、組織が直面している脆弱性の範囲を判断し、推奨される解決策とリソースを提供します。

セキュリティ運用を管理するオンプレミスまたはオンラインの一元化されたダッシュボード

  • オンプレミス
    セキュリティとプライバシーのレベルを上げるには、オンプレミスオプションが最適です。データを組織のインフラストラクチャ内ローカルに保存し、セキュリティ管理サーバー(SMS)で一元管理できます。
    セキュリティポリシー
    セキュリティポリシー
    すべてのエンドポイントが同じレベルのセキュリティを必要としない場合は、SMSを使用してSecureAPlusの実行方法を構成できます。 たとえば、組織全体のデフォルトとしてポリシーを作成し、R&Dまたは財務用に厳密なポリシーを作成し、マーケティングチーム用に柔軟なポリシーを設定するなど、臨機応変に対応できます。
    監査ログ
    監査ログ
    SMSを使用すれば、エンドポイントのすべてのセキュリティイベントの記録を保持することが可能となり、管理者はログにすぐにアクセスして詳細を確認できます。 これには、フォレンジック分析と履歴トレースが含まれます。
    ユーザーと役割
    ユーザーと役割
    SMSの使用により、さまざまなセキュリティアクセス権を持つ複数のユーザーとグループを作成できます。 これには、セキュリティ管理チームのみがアクセスできます。
    許可&拒否リスト
    許可&拒否リスト
    SMSでは、ユニバーサルまたは個別の許可および拒否*リストを作成して、管理ができます。 管理者は、信頼できないアプリケーションをユニバーサルリストに追加するリクエストを受けた場合、それを承認または拒否できる権限があります。

    *拒否リストは2021年半ばにのみ利用可能です。
    ソフトウェアとファイルのインベントリー
    ソフトウェアとファイルのインベントリー
    SMSを使用すると、エンドポイントにインストールされているアプリケーションの実行リストにアクセスして、組織内の特定のアプリケーションの使用レベルに関する洞察を得ることができます。
  • オンライン
    利便性を倍増させたい方のために、スケーラブルなオンラインポータルは、いつでもどこでもセキュリティ管理への集中アクセスを提供します。ハードウェアは必要ありません。
    セキュリティポリシー
    セキュリティポリシー
    すべてのエンドポイントが同じレベルのセキュリティを必要としない場合は、SMSを使用してSecureAPlusの実行方法を構成できます。 たとえば、組織全体のデフォルトとしてポリシーを作成し、R&Dまたは財務用に厳密なポリシーを作成し、マーケティングチーム用に柔軟なポリシーを設定するなど、臨機応変に対応できます。
    集中管理許可リスト
    集中管理許可リスト
    すべてのエンドポイントの許可リストは一意ですが、特定のアプリケーションまたはファイルを信頼していることがすでにわかっている場合、ポータルは、エンドポイントの一意の許可リストを上書きすることなく、信頼するものを簡単に定義できます。
    リモートアプリケーション制御
    リモートアプリケーション制御
    非特権ユーザーは、信頼されていないアプリケーションまたはファイルの実行をリクエストできます。管理者は、ポータルを介してこれらのリクエストを調査して、許可または拒否します。
セキュリティとプライバシーのレベルを上げるには、オンプレミスオプションが最適です。データを組織のインフラストラクチャ内ローカルに保存し、セキュリティ管理サーバー(SMS)で一元管理できます。
  • セキュリティポリシー
    セキュリティポリシー
    セキュリティポリシー
    すべてのエンドポイントが同じレベルのセキュリティを必要としない場合は、SMSを使用してSecureAPlusの実行方法を構成できます。 たとえば、組織全体のデフォルトとしてポリシーを作成し、R&Dまたは財務用に厳密なポリシーを作成し、マーケティングチーム用に柔軟なポリシーを設定するなど、臨機応変に対応できます。
  • 監査ログ
    監査ログ
    監査ログ
    SMSを使用すれば、エンドポイントのすべてのセキュリティイベントの記録を保持することが可能となり、管理者はログにすぐにアクセスして詳細を確認できます。 これには、フォレンジック分析と履歴トレースが含まれます。
  • ユーザーと役割
    ユーザーと役割
    ユーザーと役割
    SMSの使用により、さまざまなセキュリティアクセス権を持つ複数のユーザーとグループを作成できます。 これには、セキュリティ管理チームのみがアクセスできます。
  • 許可&拒否リスト
    許可&拒否リスト
    許可&拒否リスト
    SMSでは、ユニバーサルまたは個別の許可および拒否*リストを作成して、管理ができます。 管理者は、信頼できないアプリケーションをユニバーサルリストに追加するリクエストを受けた場合、それを承認または拒否できる権限があります。

    *拒否リストは2021年半ばにのみ利用可能です。
  • ソフトウェアとファイルのインベントリー
    ソフトウェアとファイルのインベントリー
    ソフトウェアとファイルのインベントリー
    SMSを使用すると、エンドポイントにインストールされているアプリケーションの実行リストにアクセスして、組織内の特定のアプリケーションの使用レベルに関する洞察を得ることができます。
セキュリティポリシー
セキュリティポリシー
すべてのエンドポイントが同じレベルのセキュリティを必要としない場合は、SMSを使用してSecureAPlusの実行方法を構成できます。 たとえば、組織全体のデフォルトとしてポリシーを作成し、R&Dまたは財務用に厳密なポリシーを作成し、マーケティングチーム用に柔軟なポリシーを設定するなど、臨機応変に対応できます。
監査ログ
監査ログ
SMSを使用すれば、エンドポイントのすべてのセキュリティイベントの記録を保持することが可能となり、管理者はログにすぐにアクセスして詳細を確認できます。 これには、フォレンジック分析と履歴トレースが含まれます。
ユーザーと役割
ユーザーと役割
SMSの使用により、さまざまなセキュリティアクセス権を持つ複数のユーザーとグループを作成できます。 これには、セキュリティ管理チームのみがアクセスできます。
許可&拒否リスト
許可&拒否リスト
SMSでは、ユニバーサルまたは個別の許可および拒否*リストを作成して、管理ができます。 管理者は、信頼できないアプリケーションをユニバーサルリストに追加するリクエストを受けた場合、それを承認または拒否できる権限があります。

*拒否リストは2021年半ばにのみ利用可能です。
ソフトウェアとファイルのインベントリー
ソフトウェアとファイルのインベントリー
SMSを使用すると、エンドポイントにインストールされているアプリケーションの実行リストにアクセスして、組織内の特定のアプリケーションの使用レベルに関する洞察を得ることができます。
利便性を倍増させたい方のために、スケーラブルなオンラインポータルは、いつでもどこでもセキュリティ管理への集中アクセスを提供します。ハードウェアは必要ありません。
  • セキュリティポリシー
    セキュリティポリシー
    セキュリティポリシー
    すべてのエンドポイントが同じレベルのセキュリティを必要としない場合は、SMSを使用してSecureAPlusの実行方法を構成できます。 たとえば、組織全体のデフォルトとしてポリシーを作成し、R&Dまたは財務用に厳密なポリシーを作成し、マーケティングチーム用に柔軟なポリシーを設定するなど、臨機応変に対応できます。
  • 集中管理許可リスト
    集中管理許可リスト
    集中管理許可リスト
    すべてのエンドポイントの許可リストは一意ですが、特定のアプリケーションまたはファイルを信頼していることがすでにわかっている場合、ポータルは、エンドポイントの一意の許可リストを上書きすることなく、信頼するものを簡単に定義できます。
  • リモートアプリケーション制御
    リモートアプリケーション制御
    リモートアプリケーション制御
    非特権ユーザーは、信頼されていないアプリケーションまたはファイルの実行をリクエストできます。管理者は、ポータルを介してこれらのリクエストを調査して、許可または拒否します。
セキュリティポリシー
セキュリティポリシー
すべてのエンドポイントが同じレベルのセキュリティを必要としない場合は、SMSを使用してSecureAPlusの実行方法を構成できます。 たとえば、組織全体のデフォルトとしてポリシーを作成し、R&Dまたは財務用に厳密なポリシーを作成し、マーケティングチーム用に柔軟なポリシーを設定するなど、臨機応変に対応できます。
集中管理許可リスト
集中管理許可リスト
すべてのエンドポイントの許可リストは一意ですが、特定のアプリケーションまたはファイルを信頼していることがすでにわかっている場合、ポータルは、エンドポイントの一意の許可リストを上書きすることなく、信頼するものを簡単に定義できます。
リモートアプリケーション制御
リモートアプリケーション制御
非特権ユーザーは、信頼されていないアプリケーションまたはファイルの実行をリクエストできます。管理者は、ポータルを介してこれらのリクエストを調査して、許可または拒否します。

エンドポイントセキュリティとしての受賞と認証

SecureAPlusの詳細については、こちらをご覧ください。

エンドポイントアプリケーション制御についてのよくある質問

SecureAPlusのシステム要件を教えてください。
過去10年の間に販売されたデバイスでWindows10を使用しているのであれば、SecureAPlusと互換性があります。

多くの機能をお使いいただけますが、クラウドなどの最先端テクノロジーを活用して、デジタルフットプリントを最小限に抑えています。 そのため、最高のパフォーマンスを維持しながら、古いハードウェアとの互換性が保証されます。

ハードウェア要件:
- 2 GHz Pentium4以降のプロセッサ
- 1GBのRAMまたはWindowsOSで推奨されているいずれか高い方
- 300MB以上のハードディスク空き容量
- NTFSファイルシステムでフォーマットされたローカルハードディスク
- 最小画面解像度:1024×768(100%スケール)

サポートするオペレーティングシステム:
- Windows 10(32ビットおよび64ビット)
- Windows 8.1(32ビットおよび64ビット)
- Windows 8(32ビットおよび64ビット)
- Windows 7 Home Basic以降(32ビットおよび64ビット)とService Pack 1
- Windows Server 2019(64ビット)
- Windows Server 2016(64ビット)
- Windows Server 2012 R2(64ビット)
- Windows Server 2012(64ビット)
- Windows Server 2008 R2以降(64ビット)
SecureAPlusで利用できる言語は何ですか?
中国語(繁体字および簡体字)、英語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、ポーランド語、ロシア語、トルコ語、ベトナム語

現在、上記言語でのご用意があります。もしご希望の言語が無く、翻訳を手伝うことに興味がありましたら、私たちにご連絡ください。
SecureAPlusは、一般的なウイルス対策ソリューションとどのように異なりますか?
従来のウイルス対策ソリューションでは、既知の脅威の拒否リストを常に更新する必要があります。SecureAPlusは逆の発想から、AIの力を利用して、既知の脅威と未知の脅威の両方を拒否するために、パーソナライズされた許可リストを作成します。
AIが疑わしいと判断した場合、デフォルトで拒否をしなければ、意図しない結果をもたらす可能性があります。AIは決定を下さずに、ユーザーに警告することで100%の保護を提供します。
SecureAPlusは、ファイルベースまたはアプリベース以外の攻撃(ファイルレス攻撃)から保護しますか?
はい。 SecureAPlusの最大の利点の1つは、スクリプトとコマンドラインを使用して、マルウェアペイロードを配信する非ファイルベースの脅威から保護することです。
SecureAPlusは、特権ユーザー/非特権ユーザー/グループ/デバイスをどのように管理しますか?
セキュリティ管理サーバー(SMS)を使用して、ユーザー、グループ、およびデバイス(個人またはグループ)を作成および管理できます。 非特権ユーザーは通常、最高のセキュリティモード(ロックダウン)に設定されますが、組織内の特定のデバイスまたはグループに対して、さまざまなレベルのセキュリティポリシーを作成することもできます。
複数のエンドポイントのセキュリティをリモートで管理するにはどうすればよいですか?
SecureAPlusには、オンプレミスまたはクラウドでエンドポイントを管理できるセキュリティ管理サーバー(SMS)と呼ばれる機能が付属しています。
wave wave wave wave wave

エンドポイント保護プラットフォームがもたらす違いをご覧ください

SecureAPlusの90日間の試用版では、最大50のエンタープライズエンドポイントを保護します

Our website uses cookies to ensure you get the best experience and you can find what you need. Read our cookie policy