SecureEmail

 

暗号化メールをもっと気軽に


組織にとって不可欠なコミュニケーションツールである電子メールは、日々新しいデータを次々に大量生成し、デジタル脅威を最も受けやすいツールと言えるでしょう。

送受信時にも保管時にも安全であることに加え、盗聴、ネットワーク回線の改変、メールサーバとバックアップドライブへの不正アクセスからの保護が不可欠です。
SecureEmailは、暗号化により、その要件をすべて満たしています。

人的要因による被害


作業中には、誤って不正な受信者に機密メールを送信してしまうこともあれば、危険なファイルが侵入してくることもあります。多くのルールに従うユーザが大多数だとしても、メール交換の狭間で意図的に損害を与えようとする悪意ある人も存在します。

真のセキュリティとは、こうした人的要因にも対応出来る、データ自身が見えないセキュリティを持つことです。


企業には、ユーザの日々の作業や努力をほどんど必要とせず、あらゆる人的要因による被害を未然に防ぐ、従来の保護手段、防御機能を超えた電子メールセキュリティソリューションが必要です。

SecureEmailは、暗号化により、この要件も満たしています。

SecureEmailに含まれる機能


直感的
ラベル&分類

お任せ
鍵管理

シームレス
プラットフォーム
統合

カスタム
アルゴリズム
サポート



直感的ラベル&分類

SecureEmailは、ポリシーベースのセキュリティコントロールで難無く分類を行います。 各ラベルは、送信、保存、転送、または返信中の個々の電子メールの処理方法を決定します。

ラベルは「親展」など紙文書での分類のように機能し、ラベルそのものとセキュリティレベルの両方を自動的に結びつけるといった、カスタマイズが可能です。


お任せ鍵管理

ユーザが作業することも、意識することもなく、 電子メールが確実に保護されることを目的に、鍵は自動的に管理されます。公開鍵も秘密鍵の管理も必要ありません。

もちろん、管理者は、それぞれの詳細設定やコントロールを行うことができます。さらに、アーカイブされた電子メールにアクセス可能な状態を保つため、SecureEmailはRSA鍵長も無制限にサポートし、鍵履歴を無制限に保存します。



プラットフォームとの
シームレスな統合

SecureEmailは、Microsoft OutlookやIBM Notesのような業界標準の電子メールクライアント用のプラグインとして考案されていますので、お使いの電子メールクライアント内に干渉することなく溶け込みます。

カスタムアルゴリズムをサポート

RSA、DSA、ECDSA、168ビットTriple-DES、256 AESなどの高度な暗号アルゴリズムをすでに提供しているSecureEmailは、無制限のカスタム暗号化アルゴリズムをインポートして使用することもできます。



ゲートウェイセキュリティとSecureEmailの違い


深刻な電子メールセキュリティの脅威は、送信者または受信者のコンピュータ、または電子メールサーバ自体で発生します。
これらのポイントが侵害された場合、世界のどんなゲートウェイセキュリティソリューションもほとんど役に立ちません。


ゲートウェイ Email
セキュリティ

現在多くの企業が使用している
電子メールセキュリティ

通信時だけの
プロテクション

電子メールは、ユーザのPCおよび
エンタープライズサーバ内で、
普通に覗けてしまいます。


VS

SecureEmail

いつでもどこでもすべてのファイルに
見えないデータセキュリティを持たせる
次世代電子メールセキュリティ

完全な End-to-End
プロテクション

電子メールは、送受信中はもちろん、
作業中でも保存フォルダ内でも
常に暗号化されています。

 

SecureEmailは、ゲートウェイ電子メールセキュリティソリューションとは異なり
送受信中はもちろん作業中でも保存フォルダ内でも、常に暗号化を行うことで、不正アクセスから保護します。
SecureEmailは、ご使用中の電子メールプラットフォームを変更することなく、
End-to-Endの次世代電子メールセキュリティシステムを提供します。


下記のセキュリティ機能により
コンプライアンス遵守を達成しています


California Privacy Bill (SB 1386), Sarbanes-Oxley Act of 2002 (SOX), Health Information Portability and Accountability Act of 1996 (HIPPA), Gramm-Leach-Bliley 1999 (GLBA) へのアピール:


ポリシーベース
セキュリティ


デフォルトまたはカスタマイズ可能なセキュリティ分類
簡単に電子メールの暗号化


自動送信
エージェント


大きなグループ宛にも安心して自動的定期的に機密メール送信


デジタル著作権管理


受信者に対し、コピー、保存、印刷、画面キャプチャ、返信、転送、有効期間についての制限設定が可能

受信者の
デジタル証明書を
自動取得

今後使用する受信者証明書を
自動的に検索してインポート

デジタル証明書
自動管理


デジタル証明書の自動的な
検証、取り消し、更新が可能


SecureAge
管理サーバとの
互換性

SecureEmailユーザの集中管理、監査ログ、および鍵管理がより簡単に


完全性の保護


電子メールの完全性保証のため
ヘッダーとコンテンツを安全に署名、暗号化

S/MIME Email
サポート


SecureAge以外のユーザへの
暗号化電子メール送信に、
追加ソフトウェアは不要

電子メールプラットフォームに適合


Microsoft Outlook, IBM Notes等一般的な多くの電子メールプラットフォームに適合


高度な
暗号化アルゴリズム


RSA, DSA, ECDSA, 168-bit Triple-DES & 256 AESを
サポート


スマートカード
USBトークン対応


PKCS#11ベースのセキュア
デバイスと相互利用可能

ユーザ定義の
暗号化アルゴリズム


ユーザ独自の暗号化
アルゴリズムを組み込むことで
セキュリティ強度を強化

SecureEmailにご興味をお持ちですか?

SecureData Frequently Asked Questions