SecureFile


ファイル暗号化 & デジタル署名


メールで問い合わせ

SecureFile


ファイル暗号化 & 電子署名


メールで問い合わせ

共有目的による
ファイル暗号化とデジタル署名


SecureFileは、256ビットAES(Advanced Encryption Standard)暗号化とデジタル署名を使用し、ユーザが能動的にミッションクリティカルなファイルの保護を行えるPKIベースのドキュメントセキュリティソリューションです。

保存されたファイルは、プライバシー、完全性、および信頼性を保証され、望ましくない改ざんや傍受から保護されます。

主要機能


  • デジタル署名とファイル暗号化
  • 安全なドキュメント移動と共有
  • 痕跡を残すことなく平文を完全に削除
  • 組み込み鍵&シグネチャ管理

ユーザ判断によるピンポイントな ファイル暗号化と共有化


SecureFileは、256ビットAES(Advanced Encryption Standard)暗号化とデジタル署名を使用して、利用者が能動的にミッションクリティカルなファイルの保護を行えるPKIベースのドキュメントセキュリティソリューションです。

保存されたファイルは、プライバシー、完全性、および信頼性を保証され、望ましくない改ざんや傍受から保護されます。


主要機能


  • デジタル署名とファイル暗号化
  • 安全なドキュメント移送と共有
  • トレースを残すことなく平文を完全に削除
  • 組み込み鍵&シグネチャ管理

簡単な3ステップ


Image

ファイル圧縮

ファイルサイズを最適化

Image

署名

ユーザ固有の鍵と署名で暗号化

Image

ファイル共有と
平文の完全消去

許可されたユーザのみアクセス可能

簡単な3ステップ


Image

ファイル圧縮

ファイルサイズを最適化


Image

署名

ユーザ固有の鍵と署名で暗号化


Image

ァイル共有と平文の完全消去

許可されたユーザのみアクセス可能

Image


どんなファイルも簡単に暗号化して署名できます


SecureFileは、ファイルを右クリック、或いはファイルを指定したセキュアフォルダにドラッグ&ドロップするだけで作業が完了します。 復号化するには、ダブルクリックするだけです。

Image


どんなファイルも簡単に暗号化して署名


SecureFileは、ファイルを右クリックするか、ファイルを指定したセキュアフォルダにドラッグ&ドロップするだけで作業が完了します。 復号化するには、ダブルクリックするだけです。

Image


共有目的の暗号化


SecureFileは、ユーザの数回のクリックで強力な暗号化を可能とし、権限のないユーザからファイルを保護するように設計されています。暗号化にはPKIを組み込み、権限のないユーザのアクセスは完全に退けますが、SecureFileを利用する個人、グループ、部署、会社同士であれば、内部でも外部でも、ファイルを暗号化の状態のまま安全に共有することができます。




Image

共有目的の暗号化


SecureFileは、ユーザの数回のクリックで強力な暗号化を可能とし、権限のないユーザからファイルを保護するように設計されています。暗号化にはPKIを組み込み、権限のないユーザのアクセスは完全に退けますが、SecureFileを利用する個人、グループ、部署、会社同士であれば、内部でも外部でも、ファイルを暗号化の状態のまま安全に共有することができます。

Image


自動暗号化&完全消去


SecureFileは、SecureFileへの保存前にファイルを自動的に暗号化します。加えて、高度な復元技術を利用しても元の平文ファイルに回復できない技術を採用し、平文ファイルを完全消去します。
平文の痕跡を残さずに、ミッションクリティカルなファイルを常に暗号化の状態で、システム上に簡単に安全に保存することができます。

Image


自動暗号化&完全消去


SecureFileは、SecureFileへの保存前にファイルを自動的に暗号化します。加えて、高度な復元技術を利用しても元の平文ファイルに回復できない技術を採用し、平文ファイルを完全消去します。
平文の痕跡を残さずに、ミッションクリティカルなファイルを常に暗号化の状態で、システム上に簡単に安全に保存することができます。



SecureAge コンポーネント・オブジェクト・モデル (COM):

特定のファイル暗号化ニーズへの対応


SecureAge COM(コンポーネント・オブジェクト・モデル:
Component Object Model)API
は、開発者がSecureAgeプラットフォームにアクセスしてPKIベースのセキュリティを追加し、
SecureAgeサービスを独自のアプリケーションへ組み込みを可能とする、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)です。

SecureAge Component Object Model (COM):

特定のファイル暗号化ニーズへの対応


SecureAge COM(Component Object Model)APIは、開発者がSecureAgeプラットフォームにアクセスしてPKIベースのセキュリティを追加し、SecureAgeサービスを独自のアプリケーションへ組み込みを可能とする、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)です。

どんな仕組みですか?

Windows COMインターフェイスに基づいており、Visual BasicまたはC++のプログラム言語での開発が可能です。

開発者の時間や労力をほとんど必要とせず、SecureFileの機能であるファイル暗号化とデジタル署名を、別のエンタープライズアプリケーションに簡単に実装できます。 セキュリティの構成は、企業のポリシーと要件に基づいて設定できます。

どのような仕組みですか?


Windows COMインターフェイスに基づいており、Visual BasicまたはC++のプログラム言語での開発が可能です。

開発者の時間や労力をほとんど必要とせず、SecureFileの機能であるファイル暗号化とデジタル署名を、別のエンタープライズアプリケーションに簡単に実装できます。 セキュリティの構成は、企業のポリシーと要件に基づいて設定できます。

ユーザ鍵と
証明書はどう管理されますか?

ユーザの鍵と証明書は、SecureAge Clientソフトウェアの証明書ストア内で管理されます。

開発者は、APIを呼び出してユーザ証明書のLDAP検索を実行でき、証明書ストアにない、必要な証明書をダウンロードし、証明書を検証するアプリケーションを作成することができます。

ユーザ鍵と証明書はどのように管理されますか?


ユーザの鍵と証明書は、SecureAge Clientソフトウェアの証明書ストア内で管理されます。

開発者は、APIを呼び出してユーザ証明書のLDAP検索を実行、証明書ストアに見つからない必要な証明書をダウンロードし、証明書を検証するアプリケーションを作成することができます。


SecureFileの機能一覧


SecureFileには、ユーザビリティを損なうことなく、不正アクセスからファイルを安全に保護する機能がたくさんあります。

ファイルの完全消去

機密ファイルは完全消去され、復元不可能になります。

公開鍵&秘密鍵の
暗号化 /復号化

RSA無制限の鍵長デジタル署名
256ビットAES暗号
アルゴリズムをサポート。

証明書管理

パフォーマンス向上のため、 標準 x. 509 v3証明書と ピア証明書ローカルキャッシュをサポート。

鍵管理

AES, triple-DES, RSA, ECDSA, ECDH, MD5, SHA-1, & SHA-2 などのアルゴリズムをサポート。


チェーン署名 サポート

チェーン署名により、組織内で安全に文書ワークフローを管理できます。

SecureAge COM API

拡張性のあるAPIでセキュアなアプリケーションを構築できます。

二要素認証

PKIスマートカードとUSBトークンとの
シームレスな統合。

アルゴリズムの
カスタム化

ユーザー定義の暗号化
アルゴリズムを統合してデータ
セキュリティをさらに強化できます。

SecureFileの機能一覧


SecureFileには、ユーザビリティを損なうことなく、
不正アクセスからファイルを安全に保護する機能がたくさんあります。

ファイルの完全消去

一度暗号化された後は、 平文機密ファイルを完全消去。

公開鍵&秘密鍵の暗号化 /復号化

RSA無制限の鍵長デジタル署名
256ビットAES暗号アルゴリズムをサポート。

証明書管理

パフォーマンス向上のため、 標準 x. 509 v3証明書と ピア証明書ローカルキャッシュをサポート。

鍵管理

AES, triple-DES, RSA, ECDSA, ECDH, MD5, SHA-1, & SHA-2 などのアルゴリズムをサポート。

チェーン署名 サポート

組織内で安全な文書ワーク フローを管理する連鎖署名。

SecureAge COM API

安全なアプリケーションを構築するための自由なAPI。

二要素認証

PKIスマートカードとUSBトークンとのシームレスな統合。

アルゴリズムのカスタム化

ユーザー定義の暗号化アルゴリズムを統合してデータセキュリティをさらに強化。