セキュリテイ? ユーザビリティ?


 
 
 

「セキュリティと利便性は、矛盾してはならない」とSecureAgeは考えています。 余分な妥協、研修、理解、警戒を求めるセキュリティポリシーまたはソリューションは、ユーザの能力と時間を無駄にし、セキュリティソフトウェアとして脆弱です。SecureAgeはデータ自身に見えない高度なセキュリティ能力を持たせることで、こういった他のセキュリティソフトウェアのアプローチでは対応できない問題を解決します。

 

壁は破られるためにある
最大の敵は己の内に


データを安心・安全に保つための古典的な取り組みは、防御壁を作り、悪者が入れないようにするものでした。現在に至っても、 ITセキュリティの専門家は、内部ユーザを防御壁の内側で統制しつつ、しつこい侵入者を防ごうと、穴の空いた防御壁を塞いで応急処置をするという終わりのないゲームを余儀なくされています。

しかし、膨大な数の侵入者を常に打ち負かすことは難しく、利用ユーザにセキュリティ専門家レベルの対応をさせることにも限界があります。

つまり真のセキュリティとは、利用ユーザの技術レベルを問わず自ら機能するものでなければなりません。


「従業員によるミス」は、データ漏洩の一番の原因として挙げられています。

多くの従業員は自前のタスクをこなすことを第一と考え、データセキュリティのソリューションやセキュリティシステムを知らずの内に、おろそかにしていることに気づきません。

従業員によるミス
24%
内部犯行
15%
フィッシング
12%
第三者によるアクセス
12%
デバイスの紛失
9%
アプリケーションの虚弱性
7%
マルウェア
7%
ランサムウェア
1%

データは常に動作しアクセス可能でなければ
真の価値を生み出せない


データは、成功する組織の源泉であり、コミュニケーションと革新のための重要なパイプでもあります。防御壁を作る取り組みの次には、漏洩を少しでも遅らせるためのフルディスク暗号化またはアクセス制御など、限られた方法しか生まれませんでした。

これではセキュリティ環境を改善できないだけでなく、数々の制限によって複雑さが増し、データが本来もつ価値を低下させてしまいます。

すべての予測は不可能


防御壁とアクセス制限の後に残るのは、コンテンツフィルタリングやリアルタイム監視といった予測的な手段を施すことです。

しかし、データに対する攻撃は、驚くべき高度な技術とスピードで絶えず発展し続け、世界中のシステム・ITセキュリティの専門家を苦しめ続けています。未来を予測したところで、結局は、新しい問題が発生するだけです。


SecureAgeセキュリティ
いつでも どこでも すべてのファイルに


真のセキュリティとは、極めてシンプルなことです。しかし、防御壁、アクセス制限、および未来予測といった方法のセキュリティには、この基本なシンプルさが欠けています。最も効果的なセキュリティソリューションは、いつでも どこでも すべてのファイル(データ自身)が、目に見えないセキュリティ性を持つことです。

このあるべき姿のセキュリティについて、詳しくお知りになりたい方は、製品とサービスのページをご覧ください。
シンプルであることが、自由が確保できるのです。

SecureAge Exhibiting at the 2017 San Francisco RSA Conference

SecureAPlus relaunches new user interface to improve its security value proposition with an extended free license for new users during its launch month.

SecureAge Technology Showcasing the Latest Enterprise Security Solutions on GovWare 2016

SecureAge Technology will be showcasing its closed network solutions alongside its file & folder encryption and anti-malware software at GovWare’s 25th anniversary.

Blending Security & Fun at the Upcoming GameStart 2016

SecureAge Technology promotes PC security to casual and hardcore Singapore gamers as an official exhibitor at Gamestart 2016.

SecureAPlus is Now Available in Four Other Languages

With the latest version update, SecureAPlus introduces Indonesian, Japanese and Polish language support to address its growing yet diverse user base.